あたまの働きをよくするツボ 百会(ひゃくえ)

百会(ひゃくえ)あたまの働きをよくするツボ 百会(ひゃくえ)
左右の耳を前に折り曲げたとき、その上端があたまにつくところを結んだ線の中点にあります。
百会とは東洋医学で考えるエネルギーの通り道(経絡)が沢山集まるところという意味で、ここを刺激すると全身にいい影響があると考えられます。
頭重・頭痛・鼻づまり・目の疲れ・不眠などのほか、お尻の病気(痔)にも効果があります。
指かペンの後ろなどでゆっくり押します。むくんでぶよぶよしているときは、数分間もむと、あたまがすっきりし、よく眠れるようになります。

PAGE TOP